第24回全国高等学校少林寺拳法選抜大会結果

会場 香川県善通寺市 善通寺市民体育館ほか
時  令和3年3月27日(土)・28日(日)
参加校数  183校、850名参加
 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年の全国選抜大会と本年度のインターハイを始め多くの大会が中止となり、1年振りの全国規模の大会となりました。大会では新型コロナウイルス感染症対策が厳重に行われ、1日目の予選競技は無観客で会場を4か所に分散して実施されました。2日目の決勝は、無観客に加え出場者のいない学校は会場に入れないという厳しい措置が取られ、徹底して密を避ける環境で実施されました。

千葉県勢は志学館高等部が3部門で優勝するなど、緊急事態宣言が発令され、練習時間に制限がかかり、なかなか満足な練習ができなかった中で、好成績を残しました。

女子団体演武  
1位 志学館高等部 
     安藤妃菜・安田好・上谷知夢・桐谷光季・森花菜・秋山果凜・中社愛理・浅野夢希

男子団体演武
4位 桜林高校
     初芝光貴・小林伽唯吏・天野瑛斗・長坂將希・鈴木出海・安藤琥斗輝・広瀬遼・倉田章悟

女子規定組演武
1位 志学館高等部 千葉真衣・小塙実南季

男子規定単独演武
1位 志学館高等部 石井康介 
2位 志学館高等部 松本旺太


志学館高等部 村田健一監督

新型コロナウイルス感染症の影響により、部活動停止や再開後も大きく制限された環境で、感染対策を最優先に、工夫しながら練習を重ねてきました。そのような状況にあって、大会が中止になり出場すら叶わなかった先輩たちの想いを胸に、選手たちは全国優勝という目標を見失うことなく努力してきました。今回志学館は、8種目12組26名が出場し、参加183校中で最多人数の参加となりました。4か所での分散開催となった予選では、全出場者決勝進出を目指して臨み、12組中11組が決勝進出を果たしました。決勝では3部門での全国優勝および2位入賞となり、三冠を達成することができました。これで志学館としては9年振り5度目・通算7種目での全国優勝となります。